さくらニットの特徴

 

カットソー

さくらニット工業株式会社のカットソーは、糸より編み立てをして、裁断、縫製、仕上げの一貫生産をしております。そして、CADマーキングを利用し服を設計し、これによって効率よくまた正確に生産することが可能です。

CADマーキングを利用し服を設計している様子
 

プリント

昇華転写プリント
昇華インクをプリントで転写紙にプリント後、高温(190~210度)の転写機に布と一緒に通すことにより転写機にプリントされたインクが瞬時に気体となりポリエステル繊維に入り込み染色されます。特徴として、布自体の風合いを残しながら染料の鮮やかな明るい画像が得られ色制限がなくフルカラーデザインが可能で製版もいらないので小ロット生産(1枚からのオーダーも可)クイックレスポンスを実現致します。デザインシャツ・Tシャツやサッカー・フットサル・バスケット等のユニフォームとしての演出を得意としております。
マーキングシステム(ラバープリント)
油性インクジェットプリンタでラバータイプシートにプリントし、プロッターでカットしたものをTシャツに熱圧着をします。製版は必要なく、フルカラーデザインもOK。1枚から出来るのでユニフォームのNOやチーム名、個別でデザインも承ります。
 

刺繍

自社にて刺繍も対応しております。